酸素を摂取

肌を老化させる活性酸素について

私達の体には酸素は必要不可欠なものです。この酸素から生み出される細胞の一つに活性酸素があります。白血球を増やすなどの体には必要なものですが、増えすぎてしまうと正常な細胞を錆びさせてしまって、錆びてしまった細胞は周りへと波及していきます。その結果、体内で酸化が起こってしまって、体が酸化してしまいます。肌でも同様のことが起こっていて、肌細胞に活性酸素が増えてしまうと、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの肌の潤いやハリを維持している成分が減少してきます。そのため、シミやしわ、たるみなどが起きてしまって、老化がどんどん進んでしまいます。化粧品などで保湿を徹底するのも重要ですが、体の内側からサプリメントなどで活性酸素の働きを抑えるのも、老化防止には重要です。

肌老化を抑える方法について

肌の潤いやハリを保っているのが肌の奥にある真皮層という部分です。ここではコラーゲンが網目状に広がっていて肌の土台を支えています。また、コラーゲンを束ねているエラスチン、網目状に広がったコラーゲンの間を埋めているのがヒアルロン酸です。活性酸素によって、これらの保湿成分が減少してしまうと、肌の土台がくずれてしまって、しわやたるみが起きてしまいます。コラーゲンなどの保湿成分を化粧品で補うのもケアとしては有効ですが、それ以上に老化を進めてしまう活性酸素を取り除くのがポイントです。それに役立つのが抗酸化作用のあるサプリメントです。ビタミンやポリフェノールなどの抗酸化作用に優れた物質が配合されていて、活性酸素の働きを無効化してくれます。肌老化を食い止めるのに役立ち、若々しい肌を維持することができます。